MENU

いびきのストレスで歯ぎしりに?

いびきと歯ぎしり併発による悪影響
ここではいびきと歯ぎしりについて説明をさせていただくと同時に、併発する理由とはどのようなものなのかについて、説明をさせていただきます。

結論から言えば

 

いびきと歯ぎしりの併発による悪影響は
ストレスの悪循環です。

 

 

まず併発する理由については、どちらも「ストレス」が関連している、とされています。

 

ただ、まず最初に、いびきの原因というものは、「肥満症」の人がなりやすい、とされています。
この理由は、いびきがうまく「気道確保」が出来ていない状態であり、そのために、うるさい音が眠っている最中に出てしまうとされています。

 

そのたまえ、痩せた途端にいびきなどがなくなった、という方も少なくありません。
またいびきを持っている方が「睡眠時無呼吸症候群」という病気を併発していることもありますが、
これに気づくと大きな不安(ストレス)となります。

 

命にかかわる問題ですのでストレスは大きくなります。

 

いびきによるストレスは次の悪循環をまねきます。

 

 

歯ぎしりの原因ですが、これはまさに「ストレス」というものが大きいとされています。

 

人は、知らず知らずのうちに、相手に気を遣い、優しい人ほどその「気遣い」が当たり前であると思い込んでしまっており、
知らない間に莫大なストレスを抱え込んでいる、ということも、実は少なくありません。

 

これは自分のいびき騒音についても同じです。
いびきでの他人への気遣いが更なるストレスを生みます。

 

 

そのストレスが、眠っている間、つまり無意識の中では、歯ぎしりというもので発散され、
こちらもいびきと同時に、一緒に寝ている奥さんや旦那さんが驚いてしまうことがあります。

 

または、ご家族の方が驚いて起きてしまうことがあります。

 

そこで指摘されることで、またストレスが増えていきます。

 

 

歯ぎしりでの身体的な悪影響ですが、まずは、歯並びに関して、「ズレ」が生じてしまうとされています。

 

そのため、歯並びがとても綺麗で「芸能人のような歯ですね」と言われていた方であっても、
このいびきと歯ぎしり併発により、気付けば、前歯が出てしまっていた、という結果になっていることがあります。

 

さらに歯が削れてしまうことでエナメル質がむき出しになり虫歯になりやすくなります。
歯が割れて尖り、同じ部分を傷つけてしまいます。

 

 

前歯も割れやすく、見た目もコンプレックスとなってしまいます。

 

また噛み合わせがずれてしまうことで、実は「ラーメンやうどん」などの麺類を食べる際に、歯でちぎりにくい、麺などが食べることが難しい、と感じる時が多々あります。

 

このストレスは更に歯ぎしり、いびきの悪化をまねきます。

 

つまり

 

いびきと歯ぎしりの併発による悪影響は
ストレスの悪循環です。

 

いびきに対しての周りからの指摘によって
睡眠事態がコンプレックス化します。

 

これが歯ぎしりの原因となり、いびきと同時になり
より問題を深くしていきます。

 

いびき、歯ぎしりによる悪循環

いびき

 

 

いびきによるストレス、日常的なストレス

 

 

いびきの悪化、睡眠の質の低下、歯ぎしり

 

 

ストレス(周りの人間からのプレッシャー)

 

 

いびき、歯ぎしりの悪化

 

どこかでこの悪循環を止めることが大切です。